目元のクマ改善のためにコラーゲン注射を受けてみた

細胞の活性化で張りと弾力が肌に戻った

注射のデザインが重要な目元のクマ / 細胞の活性化で張りと弾力が肌に戻った / 症例数をこなしているベテランの先生で良かった

注入直後はコラーゲンが肌内部に馴染んでいないため、注入後は劇的な美容効果を実感することができませんでした。
最初はきちんと効果が出ているのか不安でたまらなかったのですが、美容注射を受けてから約一ヶ月後には注入直後と比較しても目元のクマや影、小ジワが目立たなくなった上に肌の質感も向上しました。
医師の説明でも注入後美容効果を得るには1〜3ヶ月はかかるといわれていたので、注入後から徐々に肌に美容効果をもたらしてくれるのも、周りに治療を受けたことがバレにくいメリットがあるので非常に助かりました。
注入後から時間が経ってからの方が美容効果が得られる理由として、肌内部でコラーゲンを注入した刺激によって、真皮層で細胞の活性化が発生しコラーゲン生成が行われるためです。
またコラーゲンと一緒にヒアルロン酸の生成もおこなわれるので、肌の内側から弾力とハリのある状態が生み出され、治療を受ける前よりも格段に肌のエイジングケアが進んだことが何より嬉しかったです。
最初は美容注射というと痛みが強いのではないかと不安もあったのですが、注入部位は皮膚の真皮層と呼ばれる浅い部分なので、強い痛みを感じる心配はなく治療後の内出血もほとんどありませんでした。

@ryo_alcoholic
最近目の下のクマが居座ってる。
コラーゲン注射すべきかも。

— マダム信子 (@yuusuke_39) May 13, 2012