目元のクマ改善のためにコラーゲン注射を受けてみた

注射のデザインが重要な目元のクマ

目元のクマが悩みの種で、普段からメイクをする際にはメイクでカバーすることが多かったのですが、素肌になった時に目元のクマが目立ってしょうがなかったので、もっと肌色のある若々しい肌になりたいと考えたことから美容皮膚科クリニックに相談をしてみることにしました。
カウンセリングを受けた上で、医師に進められたのが「コラーゲン注射」を目元に行うとふっくらと弾力のある目元を取り戻すことが出来る上に、仕上がりも自然だと提案されたので、注射なら肌へのリスクも少ないと考え受けてみることに決めました。
現在多くの美容整形で導入されているのが、動物由来のコラーゲンではなくプラセンタ由来のベビーコラーゲンと呼ばれているタイプで、自分の目元の症状にはヒアルロン酸注射よりもベビーコラーゲンの方が効果的だと詳しく説明してもらい、目元にベビーコラーゲン1本分を注入してもらったところ、ふっくらとした若々しい目元を取り戻すことができたので驚きました。
クリニックによっては目元には0.3mlほどしか注入せず、余った分はほうれい線などに使用するという場合もあるようなのですが、今回受診したクリニックではデザインに気をつけて丁寧に注入してもらい、目元にコラーゲン1本を丸々しようしたことで劇的に仕上がりがアップすることができました。

注射のデザインが重要な目元のクマ / 細胞の活性化で張りと弾力が肌に戻った / 症例数をこなしているベテランの先生で良かった